日本と全然違う…知っておきたい海外のトイレ事情と衛生対策

海外旅行に行くと、様々な文化や習慣の違いに思った以上にカルチャーショックを受けることが多いものですが、その中でも日本人ならではと言えそうなのが《トイレ》に対する戸惑いです。

《日本のトイレは世界的にみてもトップクラス》とよく言われますが、実際に海外の国々を訪れてみると、それが誇張でもなんでもないことはよくわかります。

街中のちょっとしたトイレまで当たり前のようにある程度清潔でウォッシュレットも完備されている光景など、先進国でもなかなか見かけるものではありません。

そこで現地に行って戸惑うことがないように、ぜひ知っておいてほしい海外のトイレ事情について、ここでは解説していきたいと思います。

海外のトイレと一口に言っても、それぞれの国でトイレ事情は少なからず異なります。そんな中でも、世界的にわりとよく見かける、なおかつ日本人にとっては見慣れないのが、《有料》のトイレでしょう。

ヨーロッパなどの先進国からアジア・アフリカなどの発展途上国まで、有料トイレはかなり幅広い地域で見つかります。金額自体は数十円~数百円程度と決して高くはありませんが、どこのトイレでも無料で使えるのが当たり前の日本人からすると戸惑うでしょう。

システムとしては、トイレの入り口に集金をする係員がいるタイプから個室のドアのカギがコイン式になっているものまで様々です。中には、お金を渡すと一定の量のトイレットペーパーをくれるところもあります。

きちんと相場通りのお金を払わないと、地味にトラブルになってしまう可能性があるので、気をつけましょう。

また、発展途上国に特に多いのが、《紙が流せない》トイレです。用を足したあとに紙で拭くという文化がない国では、トイレも汚物以外の物を流せるようなつくりにはなっていません。

こういうタイプのトイレでは紙がなく、代わりに桶と蛇口のいわば手動ウォッシュレットが設置されていることもあるのですが、なかなかいきなり使えと言われても難しいですよね。

そのため、観光客向けのトイレには紙が置いてあったりもしますが、その場合でも流さずに備えつけのゴミ箱に捨てるよう指示されることがほとんどです。たとえ持参の流せるティッシュでも流すのは避けましょう。

場合によっては、ホテルのトイレでも紙を流してはいけないこともあります。無理に紙を流して万が一つまらせてしまうと損害賠償請求をされることもあるので、ルールはきちんと守りましょう。

なお、海外旅行時にはトイレの質がどうこう以前に、使ってよいトイレ自体が見つからない!ということも珍しくありません。

屋内の観光地やデパート・ショッピングモール、飲食店など、比較的整備された誰でも使えるトイレがあるところは非常に限られているので、行ける時に必ず用を済ませておくようにしてください。

都市部では街中に公衆トイレがあるところも多いですが、あまり衛生的ではなかったり、治安面で不安があったりするので、積極的に使用をおすすめはしません。

また、たとえスムーズに使えそうなトイレが見つかっても、紙がない、手洗い場がない、汚れている…などの問題に直面することは珍しくありません。

いざという時に困らないように、ポケットティッシュは多めに持っておきましょう、さらに除菌ウェットティッシュや除菌アルコールジェルなどの衛生グッズも持っておくとより安心です。