タクシーには気をつけろ!交通手段の上手な使い分け方

朝から晩まで全員で同じ場所をめぐり、常に観光バスで移動…というきっちり内容の決まったツアーでない限り、多かれ少なかれ自分で移動手段を確保して目的地までいかなければならない時間はあるものと思います。

ただ、初めて訪れた土地勘も何もない場所で、言葉の壁もある状況で、その国の交通手段を使いこなすというのは、なかなかイメージがわかないかもしれません。

そこで今回は、海外旅行の際に使える主な交通手段と、その上手な使い分け方についてご紹介しましょう。

まず、主に都市部やメジャーな観光地を訪れる場合に頼りになるのが電車や地下鉄、バスと言った公共の交通手段です。日本と同様、ほとんどの国々では都市部ほど交通網が発達しており、電車とバスでたいていのところに行きつくことができます。

ただし同じ電車やバスでも国によってかなりシステムは違ってくるので、その点は注意が必要です。

例えば、ヨーロッパの鉄道では改札が設けられていないことも多く、その場合は、代わりに乗り場付近に設置されている機械で自分で切符に日付などの打刻を行う《バリデート》という作業を行わなければなりません。

忘れると、もし車内で切符を確認された場合に違反扱いになり罰金を取られてしまうことがあるのです。

他にも、バスであれば料金は後払いなのか先払いなのか、そもそも専用のプリペイドカードのようなものが必要なのか…など、様々なパターンがあります。公共の交通手段を利用するのであれば、必ず事前にシステムを良く確認しておきましょう。

なお、日本と比べて海外のバスや電車の車内アナウンスというのは非常に静かです。駅名や周辺施設を連呼するということはほとんどなく、中には電光掲示板などの表示のみで音声アナウンスがないところさえあります。

特にバスは乗り降りする人がいない停留所はスルーされるので現在地がわかりにくく、利用するのであれば路線図をしっかりチェックしておく必要があるでしょう。

公共の交通手段が発達していない場所、それらの手段では行けない場所に行く場合には、タクシーを利用するのが基本です。ただ、海外のタクシーはえてして日本と比べて当たり外れが格段に大きいので注意が必要です。

特に注意が必要なのが白タクと呼ばれる無許可タクシーです。利用すると、法外な料金を請求されたり、目的地とは別のお店などに連れていかれて、店主とグルで商品を売りつけられたりと、様々なトラブルが起こります。

白タクの見分け方としては、《営業許可証がない》《メーターがない》《正規のタクシー乗り場以外の場所で待機している》などの特徴があるので、よく確認してくれぐれも引っかからないようにしてください。

さらに、日本では考えられないことですが、正規のタクシーの中にも白タクと同様のことを企む不心得者が紛れていることもあります。

タクシーを利用する場合は、できればホテルや空港などで信頼できる業者を呼んでもらいましょう。街中でタクシーを探す場合は、待機所で客引きをしているものより走っている流しのタクシーの方が安全な可能性が高い傾向があります。

また、アジア圏の国々には三輪タクシーやバイクタクシーと言った独特の交通手段があります。総じて交通事情が悪く渋滞が非常に多いその地域では、小回りが効くので重宝する移動手段です。

ただし料金は交渉制の場合が多く、通常のタクシーと同様のトラブルが起こるリスクもあるので、利用の際は注意してください。

交通手段をうまく使いこなすことができれば、移動効率は上がりますし、よりその国や街の空気感が身近に感じられます。少し難易度が高い部分もありますが、ぜひチャレンジしてみてください。