ひったくり・スリ・置き引き寄せ付けない!正しい街歩きの服装と持物

海外旅行に行けば、完全なパッケージツアーでない限り、自分で街歩きをする機会があると思います。

その国の街並みや文化、雰囲気を近く感じられる街歩きは旅の楽しみの1つですよね。ただ、徒歩で移動するというのは安全面から言うと不安がないわけではありません。

それほど治安が悪いわけではない国でも、観光客はえてしてスリやひったくり、置き引きと言った窃盗犯罪のターゲットになりやすいものです。

そこで少しでもそうした窃盗犯罪を寄せ付けにくくするような、海外旅行の街歩きの服装と持ち物の注意点について、今回はご紹介していきましょう。

まず服装に関しては、過剰なおしゃれやリゾートらしさを前面に出した観光客丸出しの服装は避けた方がよいでしょう。

都市部であれビーチリゾートであれ、現地の人はたいていそれほど華美な服装はしていません。派手だったりファッション性の高い服装をしているだけで旅慣れない観光客だと思われて、盗みのターゲットになってしまいます。

また、女性の方は露出の高い服装もおすすめできません。女性を狙った犯罪や、そこまでいかなくても体目当てのタチの悪いナンパを引き寄せやすくなりますし、国によっては宗教的に女性の露出がタブーとされることもあります。

ブランド物などの高価な服や小物を身に着けて歩くのも危険です。一般的に《ブランド物を持っている=お金持ち》と判断されるので、そのブランド物自体や、他にも金目の物を持っているのではないかと目をつけられるリスクがかなり高くなるのです。

総合的に考えると、街歩きの際の服装はできるだけシンプルで、いっそのこと地味なくらいがベストということになるでしょう。せっかく海外旅行に行くんだからおしゃれしたい!と思うかもしれませんが、街歩きにはやはり安全性を優先した服装がおすすめです。

おしゃれな服装やブランド物は、ちょっといいレストランでディナーをするときなど、ポイントをしぼって身に着けるとよいでしょう。

そして街歩きの持ち物ですが、まず必ずバッグはファスナーできっちり口が閉じる斜め掛けのものを選びましょう。動きやすさを考えてリュックを用意する人も多いと思いますが、背中が死角になるため防犯面ではあまりおすすめできません。

斜め掛けのバッグを、できるだけ体の前面に来るようにかけておくのが一番死角ができにくく、安全です。少しでも身体から離すと置き引きされる可能性があるため、できればレストランなどで椅子に座っているときでも、肩掛けは外さないままにしておいてください。

そしてバッグの中身は街歩きの時は最小限に抑えましょう。

パスポートやメインのお財布など、絶対になくなったら困るものはそもそも持ち歩くべきではありません。どうしてもパスポートの提示が必要な場所に行くときのために、事前に持ち歩き用のコピーを用意しておくことをおすすめします。

カメラや携帯電話・スマホはおそらくほとんどの人が持ち歩くと思いますが、これらの物品は盗む側からすると価値が高いので注意が必要です。街中で不用意に出したり、手で持ったまま歩くのは避けた方が良いでしょう。

犯罪に遭いにくくするためには《観光客っぽさ》を極力出さないことが必要とよく言われますが、旅慣れていない人には容易にできることではありません。

それでも服装や持ち物に気を付けて用心しているという姿勢を見せるだけで、犯罪のターゲットになるリスクは少なからず軽減することができます。《盗みやすそうな人を狙う》というのがこうした街中の窃盗被害の常とう手段なのです。