自由な旅こそ慎重に!個人手配海外旅行のリスクと対策

旅行会社が出しているツアーにしっくりくるものがないと、自分で旅行を個人手配すればいいのかも…と考える人もいるかもしれません。

確かに個人手配の海外旅行は、自由度でいえばツアー旅行とは比べものになりません。フライトとホテルだけが決まっているフリーツアーにしても、ある程度は決まりごとがありますから、やはり個人手配の自由度には劣るでしょう。

ただ、費用面に関しては、《ツアーより個人手配の方がお得》という話をよく聞きますが、一概にそうとも言い切れません。

旅行会社はフライトもホテルも大量に抑えるので、通常よりも安く手配できます。また、パッケージツアーであれば費用の中には移動や食事、観光にかかるお金も含まれていたりするものです。

そう考えると、すべて1つ1つ個人で手配する方がお得になるとは限らないのが実情です。ただし、滞在期間が長期になってくると、ホテルによっては長期滞在割引が受けられたりもするので、だんだんコストパフォーマンスが良くなっていく傾向にあります。

とはいえ、初めての海外旅行を個人手配にするというのは、やや難易度の高い挑戦であることは否めません。少なくとも、個人手配に伴うリスクについては把握しておくべきでしょう。

まず、個人手配の旅行では、当たり前のことですが、自分自身で旅行の最初から最後まですべてをどうにかしなければなりません。

フライトやホテルの予約くらいなら、最近ではネットで簡単にできるようになってきているので、それほど大変ではないでしょう。

しかし、例えば現地の空港についてからホテルまで、そしてホテルから目的の観光施設などへの移動手段はどうでしょうか?食事ができる場所の見当はつくでしょうか?

計画の見通しが甘すぎると、調べたり探したりといった無駄なことに時間を食って、せっかくの自由な個人旅行を存分に楽しむことができなくなってしまいます。

また、海外旅行では日本にいるよりも窃盗などの事件や慣れない環境・食事が原因の体調不良などトラブルに見舞われやすくなります。

そうしたもしもの時に、旅行会社を通してツアーに申し込んでいれば、何かあった時にはたいてい現地のサポートデスクなどからフォローを受けることができますが、そのような頼れる先がないというのも個人手配の旅行のつらいところです。

このような個人手配のリスクを避けるためには、とにかく準備・情報収集に手間と時間を惜しまずかけ、慎重にプランを組むことが重要です。

まず、行き先とおおまかな日程、そこで必ずやりたいこと・行きたい場所が決まったら、それを軸にその国・地域の治安や交通事情、衛生事情などの情報を集めていきましょう。

そのうえで、できるだけ安全でアクセスのよい場所に宿泊先を決めましょう。移動手段を自前で確保しなければならない個人手配の旅行では、アクセスの悪さは致命的な問題になります。

タクシーを使えばよいと思うかもしれませんが、費用がバカになりませんし、そもそも海外のタクシー事情は日本ほどよくありません。

また、トラブルが起きた時に頼れる先も確保しておきましょう。おすすめは、海外旅行保険に入ると利用できる保険会社のサポートデスクです。クレジットカードも、会社によっては海外にサポート拠点を持っている場合があります。

個人手配の海外旅行は、上手にプランを組めばツアー旅行以上に思い出深く満足度の高いものになります。こだわりのオリジナルな旅行を楽しみたいという方は、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?