日本で?現地で?本当にお得で安全な外貨両替のコツ

海外旅行に行くとなると悩む方が多いことの1つに、両替問題があります。

どこでどのように両替をするのがベストなのか、そもそもいくらくらい現地通貨があれば事足りるのか…考え始めるとなかなか悩ましいものです。

そこで今回は、本当にお得に、なおかつ安全に外貨両替するためのコツをいくつかご紹介したいと思います。

まず、外貨両替の基本知識として知っておいてほしいのは、両替は同じ通貨でもする場所によってレートが変わるということ、そして、どこで両替をするにしても為替手数料がかかるということです。為替手数料はだいたい両替額の数%という形で任意で設定されています。

それを踏まえたうえでの1つ目のコツは、《米ドル・ユーロ・英ポンドは日本国内で、それ以外の通貨(マイナー通貨)は現地で両替すべし》ということです。

一般的に、米ドル・ユーロ・英ポンドという世界的に強い通貨に関しては、日本でも比較的レートが良く為替手数料も低めに設定されています。

一方、例えばタイのバーツや韓国のウォンといったほとんどその国でしか力を持たない通貨は、レートも為替手数料も日本国内ではお得とは言えません。通貨によっては為替手数料が10%を超えることもあります。

その代わり、現地では日本円が比較的強い通貨として歓迎されるので、レートや為替手数料が有利に設定されていることが多いのです。

通貨によって最初の両替のタイミングは変えた方が良いでしょう。

そして、いざ両替をするとなると、同じ国の中でも様々な選択肢が用意されています。

日本国内に関していえば、空港や銀行・郵便局などの金融機関、それから金券ショップなんていうのも両替サービスを行っていたりしますが、どこで両替をしてもレートや為替手数料にそれほど大きな差はないと言われています。

ところが現地で両替をするのであれば話は少し変わってきます。両替可能な場所としては空港や銀行、それから特に観光地や都市部に多い街中の両替所があるのですが、《街中の両替所よりも、できるだけ銀行・空港を利用すべし》というのが2つ目のコツなのです。

現地では総じて銀行が最もレートが良く、次に空港、そして街中の両替所は比較的レートが悪い傾向があります。街中の両替所は営利目的のため、儲け重視でかなり高めにレートや為替手数料を設定していることも少なくないのです。

また、街中の両替所の中には路上に面していて往来の人目に触れるお店も多いので、そこであまり多額の現金を両替していると、悪意のある人に窃盗のターゲットにされてしまう可能性もないとは言えません。

お得さと安全面、両方から考えて、現地での両替にはできるだけ銀行を利用するのがおすすめです。

そして肝心のいくらくらい両替するべきか?ということなのですが、《現金の両替額は最小限に抑え、クレジットカードを活用すべし》というのが3つ目のコツになります。

海外の国々はえてして日本よりも治安が悪く、特に日本人観光客はしばしば窃盗などの犯罪のターゲットとなります。

万が一の時の被害を最小限に抑えるためにも、支払いにはできるだけクレジットカードを活用するつもりで、持っていく現金も両替する金額も最小限を心がけましょう。

両替額が多すぎると、日本円にまた戻さなければならず、多額の為替手数料がかかってしまうというデメリットもあります。

なお、旅の後半になって『もう少しだけ現地通貨が欲しい…』という時に備えて、千円札を用意していくことをおすすめします。一万円札で千円単位の両替を希望しても、現地では日本円のお釣りが用意されていない可能性が高いのです。

『とりあえず値切れ!』は間違い!?知っておきたい値切りの礼儀

発展途上国も多いアジアやアフリカの国々では、買い物の際に《値切り》ができる文化があるところも少なくありません。

そういうところでは、観光客をカモにするべく(言い方が悪いですが、実際そうなのです…)、現地の相場よりも高い価格で商品を売っているお店もあったりします。特に定価での買い物に慣れているうえに《お金持ちで気が弱い》イメージが強い日本人はターゲットにされやすいのが実情です。

とりわけ観光客を相手にしている観光地のお土産店や露天商などは、現地の適正価格の10倍以上とも言われる高値で商品を売りつけようするところさえ珍しくありません。

そこで私たち日本人が適正価格に近い値段で買い物をするためには、うまく値切りの交渉を行う必要があります。日本に住んでいれば値切る機会などそうそうありませんから、戸惑うかもしれませんが、けっして難しいことではありません。

基本的には、値段を聞いて(あるいは値札を見て)、自分が希望する値段を伝え、様子を見ながら落としどころとなる価格を交渉していくというだけのことです。言葉が通じなくても、たいていのお店には電卓があるので、お互いそれを打ち合って意思を伝えていくことができます。

気になるのは値切り交渉をいくらからスタートさせるかということだと思いますが、冒頭でもお伝えした通り、適正価格の10倍以上をふっかけてきている場合も多いので、半分以下、強気でいくなら10分の1程度の値段から始めてみてもよいでしょう。

なお、よりスムーズにうまく値切り交渉を進めようと思うのであれば、最初に入ったお店でいきなり交渉スタートするのはおすすめできません。

たいていのお土産店は似たような商品を扱っているので、まずは一帯を回っていくつかお店を見てみましょう。そうすると適正価格がだんだんわかってくるので、値切りの落としどころが見つけやすくなります。

ただし、値切り交渉もやり方次第ではトラブルのもとになるので、その点は注意が必要です。

まず、値切れない・値切るべきではない場所での値切り交渉は避けましょう。例えば生鮮食品を売るお店などでは、観光客相手でもある程度の適正価格で販売していることもあります。そうしたお店でお土産店のように大きく値切ろうとするのは失礼なことです。

他にも、アジアでよく見かけるトゥクトゥクなどの三輪タクシーの運賃はたいてい交渉制ですが、このようなサービス業に対してあまり強引に値切るのは得策ではありません。あまり無理な交渉を取り付けると、運転が乱暴になったり、遠回りをされたりとサービスに影響が出る恐れがあります。

また、値切れるお店で値切り交渉を行う場合にも、相手の様子をよく見ながら進めていきましょう。

あまりにもしつこく言い値にまけさせようとしたり、交渉が思うように進まなくて横柄な態度をとるのはNGです。値段交渉が成立してから、『やっぱり買わない』『もっとまけてくれないと買わない』などというのもルール違反なのでしないようにしましょう。あくまでも最低限の礼儀は必要です。

最悪の場合、相手を怒らせてしまい、暴力沙汰などのトラブルに発展することもあります。それでなくても、《日本人》の現地での評判を落としかねません。

現地の通貨でやり取りをしているとわかりにくくなってしまいがちですが、そもそも値切りが通用するような地域の物価はあまり高くないので、大きくまけさせたと思っても日本円に直したら数十円程度…なんてことも珍しくありません。

あまり値切ることに固執しすぎず、異国の文化を楽しむという程度のライトな気持ちで挑戦してみるとよいでしょう。

自由な旅こそ慎重に!個人手配海外旅行のリスクと対策

旅行会社が出しているツアーにしっくりくるものがないと、自分で旅行を個人手配すればいいのかも…と考える人もいるかもしれません。

確かに個人手配の海外旅行は、自由度でいえばツアー旅行とは比べものになりません。フライトとホテルだけが決まっているフリーツアーにしても、ある程度は決まりごとがありますから、やはり個人手配の自由度には劣るでしょう。

ただ、費用面に関しては、《ツアーより個人手配の方がお得》という話をよく聞きますが、一概にそうとも言い切れません。

旅行会社はフライトもホテルも大量に抑えるので、通常よりも安く手配できます。また、パッケージツアーであれば費用の中には移動や食事、観光にかかるお金も含まれていたりするものです。

そう考えると、すべて1つ1つ個人で手配する方がお得になるとは限らないのが実情です。ただし、滞在期間が長期になってくると、ホテルによっては長期滞在割引が受けられたりもするので、だんだんコストパフォーマンスが良くなっていく傾向にあります。

とはいえ、初めての海外旅行を個人手配にするというのは、やや難易度の高い挑戦であることは否めません。少なくとも、個人手配に伴うリスクについては把握しておくべきでしょう。

まず、個人手配の旅行では、当たり前のことですが、自分自身で旅行の最初から最後まですべてをどうにかしなければなりません。

フライトやホテルの予約くらいなら、最近ではネットで簡単にできるようになってきているので、それほど大変ではないでしょう。

しかし、例えば現地の空港についてからホテルまで、そしてホテルから目的の観光施設などへの移動手段はどうでしょうか?食事ができる場所の見当はつくでしょうか?

計画の見通しが甘すぎると、調べたり探したりといった無駄なことに時間を食って、せっかくの自由な個人旅行を存分に楽しむことができなくなってしまいます。

また、海外旅行では日本にいるよりも窃盗などの事件や慣れない環境・食事が原因の体調不良などトラブルに見舞われやすくなります。

そうしたもしもの時に、旅行会社を通してツアーに申し込んでいれば、何かあった時にはたいてい現地のサポートデスクなどからフォローを受けることができますが、そのような頼れる先がないというのも個人手配の旅行のつらいところです。

このような個人手配のリスクを避けるためには、とにかく準備・情報収集に手間と時間を惜しまずかけ、慎重にプランを組むことが重要です。

まず、行き先とおおまかな日程、そこで必ずやりたいこと・行きたい場所が決まったら、それを軸にその国・地域の治安や交通事情、衛生事情などの情報を集めていきましょう。

そのうえで、できるだけ安全でアクセスのよい場所に宿泊先を決めましょう。移動手段を自前で確保しなければならない個人手配の旅行では、アクセスの悪さは致命的な問題になります。

タクシーを使えばよいと思うかもしれませんが、費用がバカになりませんし、そもそも海外のタクシー事情は日本ほどよくありません。

また、トラブルが起きた時に頼れる先も確保しておきましょう。おすすめは、海外旅行保険に入ると利用できる保険会社のサポートデスクです。クレジットカードも、会社によっては海外にサポート拠点を持っている場合があります。

個人手配の海外旅行は、上手にプランを組めばツアー旅行以上に思い出深く満足度の高いものになります。こだわりのオリジナルな旅行を楽しみたいという方は、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

そのプラン、ホントにコスパいいですか?自分に合ったツアーの選び方

海外旅行に行く場合、特に初めての時は、旅行会社が出しているツアーの中から選ぶという人が多いと思います。

ただ、旅行会社と言ってもピンからキリまで数多くあり、さらにそれぞれの旅行会社が同じ国に対して複数のプランを出しているのですから、1つに決めるのはなかなか大変な作業です。

こういう時、やはり一番気になるのは《値段》だという方は少なくないと思いますが、こと旅行のツアーという話においては、ただ単に安ければコストパフォーマンスが良いとは言えません。

大切なのは、自分に合った、自分の旅の目的が果たせるプランかどうかということです。今回は、《本当の意味でコスパの良いツアーを見つける》という観点からツアーの選び方をご紹介しましょう。

まず、旅行会社が出しているツアーのプランは大きく2種類に分けることができます。《パッケージツアー》と《フリーツアー》です。

パッケージツアーでは、基本的に行動予定がほとんど決まっており、ツアー客全員で同じように行動します。食事の場所や内容も3食すべて決められているプランも少なくありません。添乗員が同行するものが大半で、移動も主に観光バスになるので、安全性の高さはお墨付きです。

寺院や美術館などいくつか観光スポットが点在している地域に行くときには、移動効率がよく非常に便利でしょう。また、治安や言葉の問題、交通手段の確保しにくさなどから個人で行動するのは難しいと想定される国・地域に行く場合にも、パッケージツアーは重宝します。

ただし町の雰囲気を直に感じたり、自分で散策してレストランやお土産店を探したり、現地の人と話をしてみたり…といった、楽しみ方をするにはあまり向いていません。

★★★
海外旅行で現金が必要になった時はクレジットカードが便利です!
↓↓↓
クレジットカードでキャッシングする方法
★★★

一方、フリーツアーは、フライトとホテル以外は基本的に自由に行動することになります。食事の有無や回数はツアーによって変わってきます。ほぼ個人旅行に近い形で行動できるので、他人と行動を共にすることによる制限はありません。

大きな移動の必要がほとんどないリゾート地などでの滞在には、フリーツアーの方が適していると言えます。ただし移動手段やツアーについていない分の食事は自分で確保しなければなりません。

さらに、中には旅程のうち一部は集団で観光、一部はフリー行動というパッケージツアーとフリーツアーの混在型のようなツアーもあります。

こうした種類ごとの特徴を踏まえたうえで、ツアー選びの際に最も重視すべきことが、冒頭でもお伝えした《自分自身の旅の目的に合っているか》ということです。

パッケージツアーであればその国で一番見たいもの・やりたいことがプランに含まれていることは大前提となります。ただしプランの中にあるというだけで安心してはいけません。

ツアーによっては、予定が詰まりすぎていて、1か所での滞在時間が短くなってしまうケースもあります。激安の類のツアーだと、旅行会社にバックマージンが入るお土産店での滞在時間が、肝心の目的の観光地より長い…なんていうこともあり得るのです。

せっかくお目当ての場所まで行っても、十分な滞在・散策時間が確保できなければ不満が残りますよね。パンフレットには各所での滞在時間が書いてあることも多いので、よく確認するようにしてください。

フリーツアーであれば個人でその目的の場所まで行けるかの確認が必要です。場合によっては、フリーツアーでもその部分だけ旅行会社のオプションを利用するという方法もあります。

海外旅行というのは、たいていの人にとって、そう頻繁にいけるものではありません。貴重な機会を最大限に生かせるように、ツアーは妥協せず厳選しましょう。