相場は?タイミングは?正しいチップのマナー徹底解説

海外旅行の際に戸惑う方も多い海外の文化の1つに、チップという習慣があります。

日本には日常的にチップをやり取りするという習慣がありませんから、いざチップが必要な国に行くとうまくできなくて困ったり、最悪の場合、トラブルを引き起こす可能性もあります。

そこで今回は、正しいチップのマナーについて詳しく解説していきましょう。

まず、チップの文化がある国としては、主に欧米諸国や中東の一部の国々が当てはまります。ただし東南アジアでも特定の国ではチップの文化があったりと、国ごとに細かく事情が違うので注意が必要です。

最近では、ヨーロッパの一部の国ではチップの文化が縮小されつつあるという話もあります。チップが必要なのに渡さないことも失礼ですが、不要なチップを押し付けるのもマナー違反です。

必ず渡航前に、現地の最新のチップ事情を確認しておきましょう。

ところで、なぜ正規の料金に加えてチップを払わなければならないのかと疑問に思う人も多いですよね。

サービスに対して感謝の気持ちを込めて余分にお金を渡す習慣として日本には《心づけ》がありますが、チップはそれとは少し違います。

チップはどちらかというと、日本では高級レストランや居酒屋、ホテル・旅館などを利用した際に支払う《サービス料》に近いものです。つまり、決して余分な支払いではなく、正当な料金として織り込み済みの費用なのです。

そう思えば、避けられない必要な支払いであることは納得できますよね。

チップを支払う主な場面としては、まずホテルが筆頭に挙げられます。荷物を運ぶポーターやベルボーイ、部屋の清掃メイド、コンシェルジュなど、サービスを受けた人ごとに支払うのが基本です。

もう1つ、チップを支払う必要があるのがレストランです。レストランでは個人個人相手ではなく、食事代を払う際にまとめてチップを支払います。相場は食事代の15~20%ですが、格式高いレストランではもう少し高くなります。

ただしもともと食事代と別にサービス料が料金に含まれているお店ではチップを支払う必要はありません。また、ファストフードやセルフスタイルのカフェでもチップは不要です。

あと1つ、タクシーを利用する際にも運賃の15%程度のチップが必要な国もあります。

さて肝心のチップを上手に支払うコツですが、最も重要なのは《相場より低い金額を支払わない》ということです。

チップ文化が根付いている国では、チップというのは正当な料金形態の1つです。

したがって、例えば『サービスに不満があるから相場の半分しかチップを支払わない』というのはルール違反であり、場合によってはトラブルに発展する恐れもあります。

サービスへの満足度が高かったり、特に重い荷物を運んでもらうなど通常よりも負担の大きな仕事を頼んだ場合など、チップを割り増しして多めに支払うのはありですが、逆はないものと心得ておきましょう。

また、チップはお札で支払うのが基本となります。たとえ金額的には十分でも、細かい硬貨で支払うのは失礼にあたるので避けましょう。

例えばレストランでの食事代の15%が硬貨がなければ支払えない金額になってしまうようであれば、端数を切り上げてすべて紙幣で支払うのが暗黙のマナーです。

チップ用の小額紙幣は常に何枚か持っておくようにすることをおすすめします。

日本人にとって明文化されていない料金というのはなじみがなく、支払うことで損をしているのではないか?と思うかもしれませんが、決してそういうわけではありません。

郷に入っては郷に従えという気持ちで、いかにチップをスマートに渡せるか挑戦してみてはいかがでしょうか?

ひったくり・スリ・置き引き寄せ付けない!正しい街歩きの服装と持物

海外旅行に行けば、完全なパッケージツアーでない限り、自分で街歩きをする機会があると思います。

その国の街並みや文化、雰囲気を近く感じられる街歩きは旅の楽しみの1つですよね。ただ、徒歩で移動するというのは安全面から言うと不安がないわけではありません。

それほど治安が悪いわけではない国でも、観光客はえてしてスリやひったくり、置き引きと言った窃盗犯罪のターゲットになりやすいものです。

そこで少しでもそうした窃盗犯罪を寄せ付けにくくするような、海外旅行の街歩きの服装と持ち物の注意点について、今回はご紹介していきましょう。

まず服装に関しては、過剰なおしゃれやリゾートらしさを前面に出した観光客丸出しの服装は避けた方がよいでしょう。

都市部であれビーチリゾートであれ、現地の人はたいていそれほど華美な服装はしていません。派手だったりファッション性の高い服装をしているだけで旅慣れない観光客だと思われて、盗みのターゲットになってしまいます。

また、女性の方は露出の高い服装もおすすめできません。女性を狙った犯罪や、そこまでいかなくても体目当てのタチの悪いナンパを引き寄せやすくなりますし、国によっては宗教的に女性の露出がタブーとされることもあります。

ブランド物などの高価な服や小物を身に着けて歩くのも危険です。一般的に《ブランド物を持っている=お金持ち》と判断されるので、そのブランド物自体や、他にも金目の物を持っているのではないかと目をつけられるリスクがかなり高くなるのです。

総合的に考えると、街歩きの際の服装はできるだけシンプルで、いっそのこと地味なくらいがベストということになるでしょう。せっかく海外旅行に行くんだからおしゃれしたい!と思うかもしれませんが、街歩きにはやはり安全性を優先した服装がおすすめです。

おしゃれな服装やブランド物は、ちょっといいレストランでディナーをするときなど、ポイントをしぼって身に着けるとよいでしょう。

そして街歩きの持ち物ですが、まず必ずバッグはファスナーできっちり口が閉じる斜め掛けのものを選びましょう。動きやすさを考えてリュックを用意する人も多いと思いますが、背中が死角になるため防犯面ではあまりおすすめできません。

斜め掛けのバッグを、できるだけ体の前面に来るようにかけておくのが一番死角ができにくく、安全です。少しでも身体から離すと置き引きされる可能性があるため、できればレストランなどで椅子に座っているときでも、肩掛けは外さないままにしておいてください。

そしてバッグの中身は街歩きの時は最小限に抑えましょう。

パスポートやメインのお財布など、絶対になくなったら困るものはそもそも持ち歩くべきではありません。どうしてもパスポートの提示が必要な場所に行くときのために、事前に持ち歩き用のコピーを用意しておくことをおすすめします。

カメラや携帯電話・スマホはおそらくほとんどの人が持ち歩くと思いますが、これらの物品は盗む側からすると価値が高いので注意が必要です。街中で不用意に出したり、手で持ったまま歩くのは避けた方が良いでしょう。

犯罪に遭いにくくするためには《観光客っぽさ》を極力出さないことが必要とよく言われますが、旅慣れていない人には容易にできることではありません。

それでも服装や持ち物に気を付けて用心しているという姿勢を見せるだけで、犯罪のターゲットになるリスクは少なからず軽減することができます。《盗みやすそうな人を狙う》というのがこうした街中の窃盗被害の常とう手段なのです。

絶対に入っておくべき!海外旅行保険の重要性と選び方

海外旅行者の実に3~5%程度は、事件や事故、病気など何らかのトラブルに遭遇していると言われています。

事実、私も海外旅行先でひったくりに遭遇したことがありますし、友人がスリを目撃して阻止した(※危険なので真似してはいけません!)という話を聞いたこともあります。それほど、海外旅行時のトラブルというのは珍しいことではないのです。

そこで海外旅行に行く際にぜひ加入を検討してほしいのが海外旅行保険です。

海外で旅行者が巻き込まれるトラブルには、主に窃盗や傷害などの事件、交通事故、急病、そして商品やホテルの設備を誤って壊してしまうなど、様々な種類があります。

海外旅行保険はそのような海外旅行時に起こりうるトラブルで発生する損害を補償することを目的にした保険なので、もしもの時に非常に頼りになるのです。

例えば海外で救急車を呼んだり病院にかかると、総じて日本よりも高額な医療費がかかります。しかも、当然、日本で加入している健康保険は適用されません。

また、ケガや病気によって自力で帰国することが困難な場合は、日本から家族などの救援者を呼ぶ必要があるでしょう。そんな時、海外旅行保険なら治療費も救援費もカバーできる補償があります。

海外旅行保険のメリットは、金銭面だけではありません。大概の保険会社は、現地のサポートデスクやサポートダイヤルなど、トラブルが起きた時にまず相談できるサポート体制を整えています。

言葉の壁があり、病院や警察のシステムも異なる渡航先で、『どうすればトラブルが解消に向かうのかわからない…』という状況に陥った時に、まず頼れるのがこうした保険会社のサポートなのです。

ここまでで海外旅行保険の重要性はお分かりいただけたと思いますが、気になるのはいくつもある海外旅行保険の中からどれを選ぶべきかということですよね。

特に最近では補償を自由に組み合わせることができるタイプの商品もあるので、かえって悩んでしまう方も多いでしょう。内容が手厚くなるほど、比例して保険料も高くなるのも気になるところです。

そこで海外旅行保険を選ぶ際にまず確認すべきことは、渡航先の治安や衛生状況、よくあるトラブルを事前に確認しておくことです。例えば国によって、治安が悪く傷害レベルの犯罪が多発していたり、衛生に不安があり食中毒のリスクが高かったりと、起きる可能性が高いトラブルには多少違いがあります。

それに合わせて、損害賠償を手厚くするのか治療費を重点的にカバーするのか、というように、補償内容を選んでいくとよいでしょう。ただし、万が一の時の金額の大きさを考えると、基本的には治療費・救援費はあまり削りすぎないことをおすすめします。

また、保険会社の中には、提携している病院であれば保険会社から直接費用が支払われるので本人が現金払いをする必要がないというキャッシュレスサービスを取り扱っているところもあります。

いくら後から保険で賄われるとはいえ、海外でいきなり数十万円もの医療費を請求されると、おそらく払いようがありませんから、これはぜひ利用してほしいサービスです。

ちなみに、クレジットカードの中には海外旅行保険があらかじめ付帯しているものもありますが、こうしたタイプの保険は保険会社が取り扱っているものに比べると補償内容が不足している傾向があります。

また、クレジットカードを現地で使用しなければ保険の適用対象にならない利用付帯というタイプのものもあります。

必ず事前に補償内容を確認しておきましょう。もし不足を感じる部分があれば、そこだけ保険会社の海外両行保険で補う形にすると保険料の節約にもなります。

サラダやジュースも危険!?海外の水、どのくらい気を付けるべき?

一般的に、海外旅行というのは、そう頻繁に行けるものではありません。せっかく憧れの国に来たのに、途中で体調を崩してしまって予定が総崩れ…なんていうのは、絶対に避けたいことですよね。

しかし実際のところ、海外渡航先での体調不良というのは決して珍しいことではありません。

特に海外旅行者の体調不良の症状として多いのが《下痢》です。そしてその最大の原因となるのが、食べ物や飲み物、特に《水》だとされているのです。

日本の水道水の水質は、世界中の国々の中でもトップクラスを誇ります。逆に言えば、世界中のほとんどの国の水道水は日本よりも水質が劣ることになってしまうのです。

したがって、普段、水質の非常に良い水道水を飲料水や生活用水として利用している日本人が、いつもの感覚で渡航先で現地の生水を摂取してしまうと、あっという間に下痢を引き起こしてしまうのです。

ヨーロッパなどの一部の国・地域では、水道水の水質基準が高く、安全な場合も有りますが、それでもミネラル分などの含有量が日本の水道水とは大きく違う可能性が高いので、万全を期すのであれば飲料水にはボトリングされた水を利用するのがおすすめです。

ましてや衛生状態が日本よりも悪い傾向が強いアジアやアフリカなどの国では、水道水をそのまま飲むのはもってのほかです。氷の入った飲み物や生野菜が使われているサラダ、カットフルーツなどもできるだけ避けるようにした方が良いでしょう。

飲み物自体は安全でも氷には水道水が使用されている可能性がありますし、生の野菜・果物は水道水で洗っていることがほとんどだからです。

ホテルや観光客がよく利用するレストランなどでは、こうした調理過程の部分でも安全な水を使用しているところが多いので、できるだけそうしたところを選ぶようにしてください。

とは言え、せっかくだから屋台などの現地の人が利用するようなローカルフードも食べてみたいという気持ちもありますよね。

その場合は、生ものや火の通りが不安なものは避け、煮込みなどの完全に火が通る調理法でつくられた料理を選ぶと多少リスクを軽減することができます。

また、果物を購入する場合は、カット済みではなく皮付きのまるごとのものを選び、自分でミネラルウォーターなどで洗って皮をむいて食べるくらいの用心をした方がよいでしょう。

アルコール消毒ジェルや除菌ウェットティッシュなどの除菌グッズを持っていくと、手洗いができない場所で使用したり、カトラリー・グラスなどの口を付ける部分を拭いたりとかなり重宝します。

さらに衛生面や水質に不安のある国だと、歯磨きの後のうがいすら水道水ではなくボトルの水を利用することをすすめられる場合もあります。

あまりにも注意事項が多いので、大げさに感じる人もいるかもしれませんが、それほど海外の大半の地域の水事情というのは、日本の基準からすると危険度が高いのです。

場合によっては、完全なパッケージツアーで、旅行会社が選定したレストランだけを利用していて自分でも気を付けていたつもりでもおなかを壊してしまう人もいます。食あたり・水あたりというのはいわば食中毒ですから、症状の重さによっては入院する羽目になることもあり得るのです。

海外旅行に行く際には、必ず現地の衛生状態は事前に確認するようにしましょう。そして旅行を最初から最後まで健康に楽しむためにも、自分の身体を過信せず、食事や水には細心の注意を払うことをおすすめします。