入国できないことも!?海外渡航時に予防接種が必要なケースとは

海外旅行の行く先によっては、ある特定の病気の予防接種が必要となる、または推奨されるケースがあるということをご存知でしょうか?

場合によっては、予防接種を打ってその接種証明書を提示しなければ入国できない国もあります。そこで今回は、海外旅行時の予防接種について詳しく解説していきましょう。

まず、入国時に予防接種証明書が必要になる可能性があるのは《黄熱》と呼ばれる病気です。中央アフリカや中南米などの熱帯地域の一部の国々が該当します。

黄熱はデング熱やマラリアと同様に蚊が媒介するウィルス性の感染症で、流行時や免疫のない海外旅行者が感染した場合には、致死率60%にも及ぶと言われる非常に危険な病気です。

目的地の国自体では予防接種証明書が必要なくても、行き帰りに経由する乗り継ぎの国で提示を求められるケースもあるので、事前によく確認しておきましょう。

なお、黄熱の予防接種証明書は1度接種すれば、その10日後から一生涯有効になるので、また該当の国に渡航する機会があれば活用することができます。

予防接種が義務ではないものの、渡航する国・地域で感染リスクが高い病気を避けるために推奨される場合もあります。特に滞在期間が1か月以上の長期にわたる場合には、できれば接種しておいた方が良いものが多くなります。

例えば、《A型肝炎》は食べ物から感染する病気で、重症化すると1か月以上入院しなければならないこともあります。特にアジア・アフリカ・中南米などの途上国で感染リスクが高く、渡航する地域によっては短期の旅行でも予防接種をすすめられる場合もあります。

なお、A型肝炎のワクチンは2~4週間隔で2回接種が必要です。ただし日本でも60歳以上の方は抗体を持っている人が多いため、予防接種の必要性は低いとされています。

傷口から細菌感染する《破傷風》も海外旅行時、特に自然の中を徒歩で散策したりトレッキングするなど、ケガをするリスクの高い行程の場合には推奨される予防接種の1つです。

破傷風自体は世界中に存在する病気で、日本でももちろん感染リスクはあるのですが、途上国や森林地帯などの衛生状態が悪く医療の充実していない地域ではより危険度が増します。

ただし破傷風のワクチンは1968年以降であれば定期予防接種の中に含まれているので、免疫を持っている人がほとんどです。赤ちゃんの時に打つワクチンなので、20代後半以降になると免疫が切れている可能性が高いのですが、それでも追加接種を1回すれば免疫を取り戻すことができます。

もう1つ、海外渡航時にリスクの高まる病気があります。《狂犬病》です。狂犬病は犬やキツネ、コウモリなどの動物が媒介する病気で、かまれて発症すると致死率は100%です。

動物に接しなければ問題ないのですが、特にアジア・アフリカなどの途上国ではかなりの数の野犬が野放しにされています。長期滞在者や、交通の便が悪く医療機関が充実していない地域に行く場合には、万が一のことを考えて予防接種をしておくことをおすすめします。

ワクチンは4週間隔で2回接種後、さらに6カ月以上開けて追加接種が1回必要です。もし現地で狂犬病のリスクがある動物にかまれた場合は、予防接種をしている人でもさらに2~6回のワクチン接種をしなければなりません。

最近では海外旅行でも手軽に行くことができるので、思いつきでふらりと出発してしまうこともできるようになりました。

しかし、やはり日本と海外の国々では大きく違う部分もあります。特にバックパッカーや秘境目的など1か月以上の長期滞在のつもりで行くのであれば、予防接種も含めて相応の準備期間をとるのは大切なことなのです。

どうしても海外で夜に出歩きたいなら確認しておくべき3つのこと

せっかく海外旅行に行くんだから、朝から晩までみっちり予定を入れて満喫したい!と考えている人はいませんか?

一般的に、海外の国々で夜間に外出するのは日本と段違いに危険とされています。比較的治安が良いとされる国や地域であっても、夜間は強盗や性犯罪などの犯罪が格段に起こりやすく、観光客の外出が推奨されていないことがほとんどです。

日本でも、夜間は昼間に比べて犯罪が増えるイメージがありますよね。海外では、その昼夜の差がさらに大きくなると考えてください。特に土地勘のない無防備な観光客は、それだけで犯罪のターゲットととして目をつけられやすいのです 。

さらに発展途上国などでは、街灯や夜間営業している店舗が少なく、夜は日本よりもずっと暗くなってしまうことも珍しくありません。そうなると、明るさに慣れた日本人には、闇に紛れた危険を素早く察知することはまずできないでしょう。

基本的には、女性はもちろんのこと、男性もよほど治安のよい国・地域であっても夜の外出は避けた方が賢明です。特に女性の場合、一人歩きどころか2人以上のグループで行動していても、それほど犯罪被害のリスクを軽減できるとは言えません。

それでもどうしても夜に出かけたいこともあるかもしれません。例えば観劇や夕日の見られる観光スポットなどを予定に組み込むと、宿泊先に戻れるのが夜になってしまうという可能性は高いでしょう。

そこで夜の外出で少しでも犯罪被害に遭遇するリスクを低くするために、必ず事前に確認しておいてほしいことを3つご紹介しましょう。

まず1つ目の確認事項は、《現地で特に治安が悪いとされる地域》です。どこの国でも、現地の人ですら不用意に近づかないほど治安のよくない地域というのがたいていはあるものです。

そのような場所に夜、観光客が近づくというのは命取りと言っても過言ではありません。該当地域はもちろん、その周辺にも近づかないようにしましょう。もし目的地がその近辺にあって通過を避けられないのであれば、日程を昼間に変更するか、行くこと自体を諦める必要があるかもしれません。

2つ目に確認してほしいのは、《十分な人通りがあり、街灯や営業しているお店の多い夜でも明るくにぎやかな通りや地域》です。人ごみの中ではスリやひったくりのリスクは高くなりますが、強盗・強姦などのより危険度の高い犯罪には巻き込まれにくくなります。

通りを1本外れただけでも急に人通りがなくなり暗くなってしまうということもあるので、宿泊先までずっと安全度の高いルートを通っていけることが望ましいでしょう。

最後の1つは、《安全な交通手段》の確認です。日本であれば土地勘のない場所での夜間の移動には宿泊先まで確実に行けるタクシー移動をおすすめするところですが、海外では少し事情が違います。

海外のタクシーの中には、白タクと呼ばれる無許可タクシーや、認可タクシーの中でも悪質なものが少なからず紛れています。そうしたタクシーにうっかり乗ってしまうと、料金をぼったくられるのは序の口で、最悪の場合、ゆすりや強盗などの被害に遭うこともあるのです。

特に夜間に流しのタクシーを利用しようとすると、暗くて見分けがつきにくいうえに、『はやく帰りたい』という焦りもあって、悪質なタクシーに引っかかってしまう可能性が高くなります。

できれば夜間の移動には、比較的安全な公共の交通手段を利用するのがおすすめです。どうしても宿泊先へのアクセスが悪くそれが難しいという場合には、ホテルで信頼できるタクシーを紹介してもらい、帰りも迎えに来てもらうように予約しておくようにしましょう。

意外と男性も危険かも!?男女別でみる海外での犯罪被害の実態

一般的に、海外旅行に行ったときに犯罪被害に遭いやすいのは女性だというイメージが強い人は少なくないのではないでしょうか?

ニュースなどでも、女性が海外で事件に巻き込まれる痛ましいニュースを見かけることはあっても、男性が被害者になる事件は圧倒的に少ないように感じます。

しかし実際には、海外で犯罪被害に遭遇する男女の割合はほぼ拮抗しています。むしろ、男性の方がやや割合が多いとすらいえるのです。

ただ、男性と女性では、被害に遭いやすい犯罪の種類が少なからず異なり、そのほとんどは日本のニュースで報道されることはありません。そのため、日本にいると海外旅行者の犯罪被害の実態がわかりにくいのです。

そこで今回は、海外で日本人が遭遇しやすい犯罪を、男女別で解説していきたいと思います。

男性が被害に遭いやすい主な犯罪被害の事例としては、話しかけて注意をそらしている間に手荷物の中身などを抜き取るスリや飲食中に薬物を盛られて意識を失っている間に盗みを行う睡眠薬強盗などがあります。

また、親日家を装う現地人の自宅に連れていかれて、イカサマ賭博に誘い込まれて大金を失う、イカサマ賭博詐欺も男性の被害が多い犯罪事例の1つです。

これらの事例に共通しているのは、いずれも現地の人とのかかわりの中で行われる犯罪であるということです。

男性の場合、女性に比べて一人旅やバックパッカー的な旅を選ぶ人も多いものです。そのような自由度の高い旅では、現地の人や外国人旅行者など旅先で出会った人々と交流することも旅の楽しみの1つであるとよく言われますよね。

その現地人と積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢が、悪意を持った犯罪者からすると付け込む隙ととらえられてしまうのです。

もちろん好意をもって接してくれる現地人も多いのですが、やはり向こうから近づいてくる人や必要以上に親し気な人に対しては、ある程度は警戒心を持って対応するべきでしょう。

食事に誘われたり自宅に招かれると『仲良くなるチャンス』と思ってしまいがちですが、実はそれが相手にとっては『犯罪のチャンス』になっている可能性もあるのです。

自分は男だから大丈夫だろうという気持ちもあるかもしれませんが、もし相手が凶器を持っていたり、薬物を使ってくれば太刀打ちはできません。誘ってきたのが女性でも、飲食店や自宅に行ってみたら腕っぷしの強い男性が待っていた…なんてこともあり得るのです。

一方、女性は男性に比べて現地人に対する警戒心が強い人が多いので、上記のような犯罪にはあまり遭遇しにくいものです。女性が圧倒的に被害に遭いやすいのは、やはりひったくりや置き引きと言った行きずりの窃盗被害です。

女性はどうしても抵抗する力が弱いうえ、荷物を複数持っていることも多いので1つ1つの荷物に対する注意が散漫になりやすく、レストランなどで座った時についつい手放してしまいがちです。そのため、窃盗のターゲットになりやすいのです。

荷物は最小限に抑え、常に肌身離さず警戒心を持つことを心がけましょう。

また、女性への性犯罪被害は件数自体がものすごく多いというわけではないものの、被害者への心身へのダメージが大きく重大化しやすい事例の1つです。場合によっては、殺人に発展してしまうこともあります。

男性ももちろんそうなのですが、特に女性は治安の悪い地域や、そうでなくても夜の外出、特に1人歩きは絶対に避けるべきです。声をかけられたとしても、気軽について行ったり、飲食をともにしてはいけません。また、性犯罪やタチの悪いナンパを引き寄せやすい過剰な露出は控えるのが賢明でしょう。

日本の常識は通じない!日本人旅行者を狙う詐欺の手口とは

海外旅行で遭遇する可能性が最も高い犯罪といえば、スリやひったくりなどの窃盗ですが、次に被害が多い犯罪は何かご存知でしょうか?

実は、大使館などの在外公館に日本人が助けを求める犯罪被害事例として、2番目に多いのは詐欺被害なのです。

海外には、観光客を狙った様々な詐欺の手口があります。その多くは日本人の常識からすると想像もつかないようなものです。

そこで今回は、海外旅行に行く際に警戒すべき主な詐欺の手口を、被害者が多い順に3つご紹介しましょう。

まず、被害件数が近年最も多いのが暴力キャッチバーです。繁華街などで客引きについてバーなどの飲食店に行くと、当初の説明とは全く違う金額を請求されます。もしそこで抗議したり払わずに帰ろうとすると、暴力を振るわれたり脅されたりして強引に金銭を盗られてしまいます。

この手の詐欺の被害者はほとんどが男性です。日本でも、一部の繁華街では見受けられる手口なので、なんとなくイメージしやすいのではないでしょうか?

ただし時には、タクシーの運転手が協力者になっていて、この手の飲食店をすすめてくることもあります。地元民であるタクシー運転手におすすめのお店を尋ねるというのは旅の常とう手段ですが、海外では避けた方が賢明です。

暴力キャッチバーに引っかからないためには、そもそも夜に治安のよくない繁華街をうろつかないことが一番です。もししつこい客引きが来ても、無視するようにしてください。

偽警察官詐欺も海外旅行者が引っかかりやすい事例の1つです。警察官らしい恰好をした人が、職務質問を装って手荷物や財布を開けさせ、確認するフリをして素早く中身を抜き取るというのがその主な手口です。場合によっては、話に気を盗られている間に協力者が別の荷物を盗んで行ったりすることもあります。

警察官の偽物がいるというのは、日本人からすると考えられないことですよね。

この手の詐欺は、下手に言葉で対抗するとうまく言いくるめられてしまうことが多く、かといって偽警察官だろう!などと指摘すると急に態度を変えて暴力的になることもあるので、さりげなく逃げるのが一番の対抗策です。

言葉がわからないふりなどして、さらっと逃げてしまえば、しつこく追いかけてくる事例はほとんどないようです。

『もし本物の警察官だったら?』という不安がよぎるかもしれませんが、本物の警察官の職務質問であれば、身分確認をすることもなく、いきなり荷物や財布を開けさせることはまずありません。

もう1つ、特に東南アジアで多発しているのがイカサマ賭博詐欺です。この手の詐欺では、親日家を装い、『日本の話を聞きたい』などと言ってまず自宅に連れ込みます。そしてカード賭博などに誘われ、ゲームを続けていくうちにいつの間にか自分だけが大きく負けているというのが基本の流れです。

この手口の特徴は、その性質上、被害額が大きくなってしまうケースが非常に多いことです。お金が無くなってもクレジットカードなどを使っておろしてくるようにそそのかされます。

親し気に話しかけてこられると気を許してしまいそうになりますが、もし自宅に来てくれと言われたら必ず断りましょう。

ご紹介した3つの詐欺の他にも、道端で行われるちょっとしたものから大掛かりな仕掛けのものまで、様々な手口があります。その多くは観光客ならではの情報不足や善意につけこむものです。

こうした詐欺を避けるためには、常に危険を察知できるよう警戒心を持って行動するしかありません。

旅行先で現地の人に声をかけられると、つい応じてしまいたくなるものですが、中には悪意を持って近づいてくる人もいるということは心得ておきましょう。