日本で?現地で?本当にお得で安全な外貨両替のコツ

海外旅行に行くとなると悩む方が多いことの1つに、両替問題があります。

どこでどのように両替をするのがベストなのか、そもそもいくらくらい現地通貨があれば事足りるのか…考え始めるとなかなか悩ましいものです。

そこで今回は、本当にお得に、なおかつ安全に外貨両替するためのコツをいくつかご紹介したいと思います。

まず、外貨両替の基本知識として知っておいてほしいのは、両替は同じ通貨でもする場所によってレートが変わるということ、そして、どこで両替をするにしても為替手数料がかかるということです。為替手数料はだいたい両替額の数%という形で任意で設定されています。

それを踏まえたうえでの1つ目のコツは、《米ドル・ユーロ・英ポンドは日本国内で、それ以外の通貨(マイナー通貨)は現地で両替すべし》ということです。

一般的に、米ドル・ユーロ・英ポンドという世界的に強い通貨に関しては、日本でも比較的レートが良く為替手数料も低めに設定されています。

一方、例えばタイのバーツや韓国のウォンといったほとんどその国でしか力を持たない通貨は、レートも為替手数料も日本国内ではお得とは言えません。通貨によっては為替手数料が10%を超えることもあります。

その代わり、現地では日本円が比較的強い通貨として歓迎されるので、レートや為替手数料が有利に設定されていることが多いのです。

通貨によって最初の両替のタイミングは変えた方が良いでしょう。

そして、いざ両替をするとなると、同じ国の中でも様々な選択肢が用意されています。

日本国内に関していえば、空港や銀行・郵便局などの金融機関、それから金券ショップなんていうのも両替サービスを行っていたりしますが、どこで両替をしてもレートや為替手数料にそれほど大きな差はないと言われています。

ところが現地で両替をするのであれば話は少し変わってきます。両替可能な場所としては空港や銀行、それから特に観光地や都市部に多い街中の両替所があるのですが、《街中の両替所よりも、できるだけ銀行・空港を利用すべし》というのが2つ目のコツなのです。

現地では総じて銀行が最もレートが良く、次に空港、そして街中の両替所は比較的レートが悪い傾向があります。街中の両替所は営利目的のため、儲け重視でかなり高めにレートや為替手数料を設定していることも少なくないのです。

また、街中の両替所の中には路上に面していて往来の人目に触れるお店も多いので、そこであまり多額の現金を両替していると、悪意のある人に窃盗のターゲットにされてしまう可能性もないとは言えません。

お得さと安全面、両方から考えて、現地での両替にはできるだけ銀行を利用するのがおすすめです。

そして肝心のいくらくらい両替するべきか?ということなのですが、《現金の両替額は最小限に抑え、クレジットカードを活用すべし》というのが3つ目のコツになります。

海外の国々はえてして日本よりも治安が悪く、特に日本人観光客はしばしば窃盗などの犯罪のターゲットとなります。

万が一の時の被害を最小限に抑えるためにも、支払いにはできるだけクレジットカードを活用するつもりで、持っていく現金も両替する金額も最小限を心がけましょう。

両替額が多すぎると、日本円にまた戻さなければならず、多額の為替手数料がかかってしまうというデメリットもあります。

なお、旅の後半になって『もう少しだけ現地通貨が欲しい…』という時に備えて、千円札を用意していくことをおすすめします。一万円札で千円単位の両替を希望しても、現地では日本円のお釣りが用意されていない可能性が高いのです。