予想以上に便利!?クレジットカードはキャッシング枠も要チェック

海外に行くときに悩ましいのが、お金をどう持ち歩くのかということですよね。高額な現金を持って歩くのは防犯上心配ですし、いちいち両替するのは手間もかかります。

そこでおすすめしたいのが、クレジットカードです。クレジットカードがあれば、現地通貨の手持ちがなくても都市部や大きな観光施設ではほとんど問題なく支払いを済ませることができます。

しかも万が一盗難被害に遭ったとしても、すぐにカード自体を停止することが可能なので、被害が大きくなりにくいのです。防犯性の高さでは、確実に現金よりも優れていると言ってよいでしょう。

クレジットカードにも様々な種類や銘柄があるのでどれを持っていくべきか悩むところですが、基本的には世界中で使える国やお店が特に多いVISA加盟のものが1枚あると安心です。それに加えて、利用限度額やサービス内容との兼ね合いも考えて、もう1,2枚程度持っていくことができれば言うことはありません。

さらにクレジットカードの便利なところは、キャッシングサービスを利用してATMで現地通貨を引き出すこともできるという点です。

小さなお店での買い物やテーブルチップなど、どうしても現金で現地通貨が必要なケースも当然ありますよね。そんな時にもクレジットカードがあれば提携の銀行やコンビニATMで簡単にキャッシングを行うことができます。

キャッシングというと利息が気になるところだと思いますが、現金で通貨を両替する際にも為替手数料が発生することを考えると、実は出費はさほど変わりません。むしろ、クレジットカードキャッシングの利息は早く返せば返すほど安く済むので、場合によっては現金両替よりお得になることもあるのです。

ただしクレジットカードのキャッシングサービスは、ショッピング枠と同様の仕組みで、利用枠がなければ1円も使うことができません。カード会社によっては海外キャッシングには別途申し込みが必要な場合も有るので、必ず渡航前に確認するようにしましょう。

また、個人商店などに設置されているATMの中には、使用すると高額な手数料がかかったり、データハッキングされるリスクのあるものもあります。万全の安全を期すために、できるだけ銀行や都市部の駅など信頼性の高い場所に設置されているATMを利用しましょう。

単なる支払い以外にも様々なサービスがあるというのも、クレジットカードの見逃せないメリットです。

特にクレジットカードのサービスの中でも頼りになるのが海外旅行保険です。クレジットカードの中には、もともとの付帯サービスとして海外旅行保険が設定されているものも少なくありません。

会社やカードの種類によっても内容は異なりますが、盗難やケガ・病気と言った様々なトラブルに対して補償が受けられるので、1つはあると非常に安心です。こちらも渡航前に加入の有無と内容を確認しておきましょう。

中には利用付帯といって、現地でクレジットカードを使わなければ補償の対象にならないという条件付きのものもあります。できれば自動付帯、つまりカードを持っていれば自動的に海外旅行保険が適用されるサービスのあるものが望ましいですね。

他にもクレジットカードの独自のサービスとして、空港のラウンジが無料で使えたり、現地にサポートデスクが設置されていたりと様々なものがあります。クレジットカードがあるかないかで、旅の快適性は思った以上に大きく変わってくるかもしれません。

ぜひこの機会に、支払いやキャッシング、さらに多様なサービスと、クレジットカードを大いに活用してみてはいかがでしょうか?