思わぬトラブルの原因!?現地の人との会話で避けるべき話題としぐさ

海外旅行に行ったら、せっかくだから現地の人とも少し話をしてみたいと思う方も多いと思います。

飲食店や商店などでその場にいる現地の人と会話を楽しむことができると、それだけでその国に少し馴染んだような気持になりますよね。

もちろん、他の記事でご紹介しているように犯罪のターゲットを探している悪意のある人もいないわけではありませんが、一方で観光客を歓迎してくれる善意の人が圧倒的多数であることもまた事実なのです。

ただ、日本と海外では文化や慣習が大きく異なることは忘れてはいけません。せっかく現地の人と楽しく話をしていたつもりでも、話題やしぐさを間違えると思わぬトラブルになってしまうこともあります。

そんな、現地の人との会話の中で避けるべき話題やしぐさについて、ここでは主なものを解説していきましょう。

まず、現地で初対面の人と話すときに避けたほうが良い話題としては、《年齢》《未婚・既婚》《宗教》《人種》などがあります。

年齢の話題が単純に失礼に当たる可能性が高いということは、日本でも同様ですからイメージしやすいですよね。また、結婚しているかどうか・子どもがいるかどうかというのも、人々のライフスタイルが多様化してきている近年、日本でも気軽に聞きにくい話題となってきています。

ましてや海外の国々には様々な結婚・家族の形がありますから、うっかり聞いてしまうと思わぬプライバシーに踏み込んでしまうことがあります。

そして宗教や人種の問題はそれ以上にデリケートです。海外の国の中には、様々な人種や宗教が1つの国の中に入り混じって存在しているところも多く、時にはそれがいさかいや戦争の火種となってしまうことはご存知ですよね。

これもまた、初対面で気軽に踏み込んではならない領域なのです。

しぐさに関しては、日本人が良くやりがちなジェスチャーで、国によってはとても失礼な意味にとられてしまうものを3つピックアップしてみましょう。

1つ目はピースサインです。日本では写真撮影の定番ポーズで、単純に《2つ》という意味合いでも使いますよね。ところがこれをギリシャでやると、侮辱の意味になってしまうのです。

また、手の甲を相手に向けたピースサインは、ギリシャ以外の欧米の国々でも侮辱の意味合いを持ちます。

2つ目は人差し指と親指でわっかをつくるOKサインです。これも地域によっては間抜け・能無しなとどいう、侮辱の意味にとられます。また、トルコや南米、中東などの一部の国では性行為を意味する侮辱的なしぐさでもあるので、注意が必要です。

3つ目は手のひらを下に向けて上下に振る手招きのしぐさです。これは欧米では、《あっちに行け!》という逆の意味にとられてしまいます。

これらのしぐさを何の気なしに会話の中でやってしまうと、いきなり相手が怒り出したりする可能性もあるので、該当地域では避けるようにしてください。

他にも、宗教的にNGなしぐさ・行動というのもあります。

例えばインドやタイなどの仏教徒が多い国では、頭は神聖なものとされ、たとえ子ども相手でもいきなり頭をなでたりするのは非常に失礼に当たります。

また、イスラムなど一部の宗教では左手は不浄の手として扱われるので、こちらが左手で物を触ったり手渡しすることも、相手は不快に感じてしまうのです。

現地の人との会話を楽しみたいという純粋な気持ちで話しかけたのに、相手が不快な思いをしたり、トラブルになってしまっては台無しですよね。相手の文化を尊重するという気持ちをもって、会話やしぐさには十分に注意を払うことをおすすめします。