相場は?タイミングは?正しいチップのマナー徹底解説

海外旅行の際に戸惑う方も多い海外の文化の1つに、チップという習慣があります。

日本には日常的にチップをやり取りするという習慣がありませんから、いざチップが必要な国に行くとうまくできなくて困ったり、最悪の場合、トラブルを引き起こす可能性もあります。

そこで今回は、正しいチップのマナーについて詳しく解説していきましょう。

まず、チップの文化がある国としては、主に欧米諸国や中東の一部の国々が当てはまります。ただし東南アジアでも特定の国ではチップの文化があったりと、国ごとに細かく事情が違うので注意が必要です。

最近では、ヨーロッパの一部の国ではチップの文化が縮小されつつあるという話もあります。チップが必要なのに渡さないことも失礼ですが、不要なチップを押し付けるのもマナー違反です。

必ず渡航前に、現地の最新のチップ事情を確認しておきましょう。

ところで、なぜ正規の料金に加えてチップを払わなければならないのかと疑問に思う人も多いですよね。

サービスに対して感謝の気持ちを込めて余分にお金を渡す習慣として日本には《心づけ》がありますが、チップはそれとは少し違います。

チップはどちらかというと、日本では高級レストランや居酒屋、ホテル・旅館などを利用した際に支払う《サービス料》に近いものです。つまり、決して余分な支払いではなく、正当な料金として織り込み済みの費用なのです。

そう思えば、避けられない必要な支払いであることは納得できますよね。

チップを支払う主な場面としては、まずホテルが筆頭に挙げられます。荷物を運ぶポーターやベルボーイ、部屋の清掃メイド、コンシェルジュなど、サービスを受けた人ごとに支払うのが基本です。

もう1つ、チップを支払う必要があるのがレストランです。レストランでは個人個人相手ではなく、食事代を払う際にまとめてチップを支払います。相場は食事代の15~20%ですが、格式高いレストランではもう少し高くなります。

ただしもともと食事代と別にサービス料が料金に含まれているお店ではチップを支払う必要はありません。また、ファストフードやセルフスタイルのカフェでもチップは不要です。

あと1つ、タクシーを利用する際にも運賃の15%程度のチップが必要な国もあります。

さて肝心のチップを上手に支払うコツですが、最も重要なのは《相場より低い金額を支払わない》ということです。

チップ文化が根付いている国では、チップというのは正当な料金形態の1つです。

したがって、例えば『サービスに不満があるから相場の半分しかチップを支払わない』というのはルール違反であり、場合によってはトラブルに発展する恐れもあります。

サービスへの満足度が高かったり、特に重い荷物を運んでもらうなど通常よりも負担の大きな仕事を頼んだ場合など、チップを割り増しして多めに支払うのはありですが、逆はないものと心得ておきましょう。

また、チップはお札で支払うのが基本となります。たとえ金額的には十分でも、細かい硬貨で支払うのは失礼にあたるので避けましょう。

例えばレストランでの食事代の15%が硬貨がなければ支払えない金額になってしまうようであれば、端数を切り上げてすべて紙幣で支払うのが暗黙のマナーです。

チップ用の小額紙幣は常に何枚か持っておくようにすることをおすすめします。

日本人にとって明文化されていない料金というのはなじみがなく、支払うことで損をしているのではないか?と思うかもしれませんが、決してそういうわけではありません。

郷に入っては郷に従えという気持ちで、いかにチップをスマートに渡せるか挑戦してみてはいかがでしょうか?